仙台弁護士会所属・弁護士法人菅原・佐々木法律事務所 宮城県内3か所(古川、大河原、仙台)に事務所のある弁護士事務所 

菅原・佐々木法律事務所

無料相談受付中! | 古川本社:0229-25-6110 | 仙南支店:0224-51-9207 | 仙台事務所 022-302-5925

お知らせ・ブログ

桃園律師公會との交流:台湾のニュース(中時電子報)に掲載されました!

菅原です。

平成29年11月24日から25日に仙台弁護士会国際委員会の一員として、桃園律師公会、桃園地区検察庁、中華民国律師公会全国連合会、台北大学などなどを訪問し、大変あたたかい接待をいただき、とても楽しいひとときを過ごして参りました。

その時の様子が、「日本仙台辯護士會來台 與桃園律師公會進行交流」ということで、中時電子報に掲載されました。

http://www.chinatimes.com/newspapers/20171128001122-260210

記事をみると、自分の名前が書いてあるようです。記事は中国語で書いてあり、私の頭では解読ができなかったので、google翻訳してみました。

google翻訳によると、記事の内容は、以下の通りです。

「擁護することにより、数日前に仙台、日本は前田の宣誓の副社長もまた、国際交流や桃園弁護士会二日、日に駅の実用的な操作を使用する権利の存在と状態の両方を実行するために台湾に代表団を率いいつ調査でディフェンダーの質問、意見交換議論する。

仙台擁護も井野和弘高橋ガバナンスをリードする、丘のティアニーイー・ヤン、シャン大阪はるな、菅原の健康は、滝のPuのぞミ、伊藤薫ドイツ、及川雄介弁護士と前田の誓いから9人の彼の党は、によって桃園地検事務所訪問に到着しました訪問代表団は、調査手続きの実践を理解し、実践が修復的司法のシンポジウムを開催しましたように、弁護士鵬くん業界は、主任検察官謝ウェン・カイとレジストラ、事務主任受信を伴う、および司法パーク桃園に、ガイドツアーのために建物を押収しました劉、修復的司法の状態を促進するための保護観察寛大な導入桃園地検庁のディレクターによって、復旧プロモーター江Mingji、陳Yichengの弁護士ポイントは経験修復的司法の共有、およびこの問題に関する意見の双方の交流を促進して参加します。

仙台擁護し、フル会長ジェンジウ・ヤン、事務総長リン・シ弁護士会、弁護士会の会長鄭仁寿桃園、副会長徐Jianhong、事務総長張Baixin、国際交流委員長ツァイミン帳管理・監督者、事務局を訪問フル協議会を伴って訪問弁護士は、その後、台北大学教授に、元大統領侯崇文はオリーブの枝受付センターを訪問し、修復的司法のシンポジウムや犯罪ス・ズハウ西安、Jiaoyu富栄、法務省や他の職員の国立台北大学研究所の教授。

桃園市長チェン・ウェン・トサンはディナーに出席し、桃園弁護士会は、司法意見や仙台、日本の擁護のために言っただろう二国間の交流と、それは稀であり、そして成功した計画の下、暖かい雰囲気の中で訪問する友情、新鮮な、2日間の旅行を持続二つのセッションを祝福ポイント。」

さらに解読が難しくなりましたが、なにやら私の健康が問題になっているようです。歓迎会で飲みすぎたので、肝臓でしょうか。

最近の投稿

2018年8月2日

夏季休業のお知らせ

2018年5月7日

離婚について⑥(養育費その2)

2018年4月6日

離婚について⑤(養育費その1)

2018年1月23日

債権法改正①

2018年1月22日

岩佐紗織弁護士が加入しました

2018年1月9日

仙台事務所開所のお知らせ

2017年12月26日

年末年始休業のお知らせ

月別アーカイブ